えすださんの・・・

人が生きていくのにあたって切っても切れないエネルギー、お金、愛だの家族だのについて、数字と感情を交えてどこかの誰かと自分のために。

読書

感想 新しいパパの教科書

投稿日:2017年6月6日 更新日:

一通り読んだ感想として、必要なことを網羅している、ただ、分量が多い(笑)

1つのトピックは数ページだが、文字がぎっしり。育児における父親の役割について、情報密度が高く、幅広くカバーしているので、1冊これを読んで更に深めていくのがよいのかもしれないが、なまじ責任感がある人だと逆に読んでウンザリしないかw

一児のパパで、これから2人目が産まれる予定なので読んでみた。既に実施していること、気にかけていることもあったけど、それでも読後感がヘビーなのは、やれてなかったり、気になったりしていることがあるからだろうか?

男性の育児参加によって、メリットがいろいろ!!

  1. ママの負担が減って家庭が明るくなる
  2. パパも仕事では得られないやりがいを得られる
  3. 育休、定時退社、フレックス勤務などにより、仕事への集中力が高まり、生産性が上がる
  4. ママの再就職、キャリア継続がサポートできる

家事や育児は手順が大事。仕事と同じで段取りをしてから臨むべし、といった家庭への参加にマインドが切り替わらない男性諸子へのアドバイス。まさにそのとおりw

今後の課題

  1. 食事は全く作っていないので、パターンを覚えてヘルプできるようにしたい。
  2. 本の選定は任せきりなので、関わるようにしていく。
  3. ハードルは高いが、育児休暇や短時間勤務できないかな、、、

日々があっという間に過ぎていくので、モチベーションを時々高めて、家族をサポートできるようにしていきたい。

と、いうわけで、まずはサッサと帰ることを自ら課していきたい。

-読書

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

感想 トコトンわかる燃料電池を読んで

化学式など理論的な所は、すっ飛ばしつつ(なぜなら仕事が立て込み朝も夜も通勤時間は寝てました。2018年8月に読んだ本か。時が経つのは早い。。。)、ザクッと読んだ感想 家庭用エネファーム、経産省の目標値 …

no image

感想 AI VS. 教科書が読めない子どもたち

国立情報学研究所教授、同社会共有知研究センター長である新井紀子さんの著書。数学者という観点で、AI 技術開発にも携わっている。本書の前半ではAI の定義、開発の歴史、限界について。後半は、AI が苦手 …

no image

感想 子どもの身体力の基本は遊びです

数ページで区切られており、文字の間隔もかなりあってサクサク読める。よい点として、なぜ子どもの外遊びが減ったかということについての時代背景が説明されている。 道路の舗装が進み、土の場所が減った。 空き地 …

no image

感想 忙しいパパのための子育てハッピーアドバイス

再読。ハッピーアドバイスのシリーズはマンガでビジュアルに分かりやすく説明してくれて、お気に入り。 本書はパパのためと銘打っているだけあり、父親に向けての具体的なアドバイスが盛り込まれており、ありがたい …

no image

感想 あたらしい家づくりの教科書

夢のマイホームなんて言葉もあり、家を買うというのは人生の中でもビッグイベント。 そこに断熱性能というモノサシはぜひ入れないと!と危機感を覚えた本。 快適、健康に長期間住めるようにするためのポイントが解 …