えすださんの・・・

人が生きていくのにあたって切っても切れないエネルギー、お金、愛だの家族だのについて、数字と感情を交えてどこかの誰かと自分のために。

読書

感想 忙しいパパのための子育てハッピーアドバイス

投稿日:

再読。ハッピーアドバイスのシリーズはマンガでビジュアルに分かりやすく説明してくれて、お気に入り。

本書はパパのためと銘打っているだけあり、父親に向けての具体的なアドバイスが盛り込まれており、ありがたい。

 

家に早く帰る、自分のことは自分でする、家事を分担する、書くと何でもないようなことだが、子育てというエンドレスな日々、親と同居していないと1人で日中育てなければいけないというプレッシャーや孤独感。

母親を楽にしてあげる、気遣ってあげるこで、母親の子育てが楽になり、父親も子育てに貢献できていくという背景がわかると、男性は行動に移しやすいのではないかと思う。

 

あとは子供の家庭内ルール(台所に入らせないなど)がいつの間にかできているので、時々、共有しておかないと、嫁さんにメチャ怒られるので注意しよう(笑)

子供に危ないから入っちゃダメ、と説明して納得させたのに父親が守らないとダブルスタンダードになりけじめがつかないのでね。

 

私は読んで、改めて早く帰ろう、帰れば何がしか手伝えるんだからとモチベーションが少し高まりました。

できるところから始めてボチボチと子育て、嫁さんサポートをやって楽しい家庭を築きたいと思います!

-読書

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

感想 AI VS. 教科書が読めない子どもたち

国立情報学研究所教授、同社会共有知研究センター長である新井紀子さんの著書。数学者という観点で、AI 技術開発にも携わっている。本書の前半ではAI の定義、開発の歴史、限界について。後半は、AI が苦手 …

no image

感想 わが家の子育てパパしだい!10歳までのかかわり方

元保育士の小崎泰弘(こざきやすひろ)さんの本。兵庫県西宮市の初の男性保母として、1991年に採用された方だそうな。NHK の「すくすく子育て」にも出演、神戸常盤大学短期大学准教授、NPO ファザーリン …

no image

Smart House No.22 2016年12月号

耐震、感震対策のすすめ 気がつけば6月も中旬、梅雨の時期に。。。今頃アップするのもなんですが、気がつけば書架にあったので、さらっと読んでみました。 制震、免震、断震の紹介。耐震に変わる3種のアプローチ …

no image

感想 トコトンわかる燃料電池を読んで

化学式など理論的な所は、すっ飛ばしつつ(なぜなら仕事が立て込み朝も夜も通勤時間は寝てました。2018年8月に読んだ本か。時が経つのは早い。。。)、ザクッと読んだ感想 家庭用エネファーム、経産省の目標値 …

no image

感想 子どもの身体力の基本は遊びです

数ページで区切られており、文字の間隔もかなりあってサクサク読める。よい点として、なぜ子どもの外遊びが減ったかということについての時代背景が説明されている。 道路の舗装が進み、土の場所が減った。 空き地 …