えすださんの・・・

人が生きていくのにあたって切っても切れないエネルギー、お金、愛だの家族だのについて、数字と感情を交えてどこかの誰かと自分のために。

読書

感想 トコトンわかる燃料電池を読んで

投稿日:2019年1月8日 更新日:

化学式など理論的な所は、すっ飛ばしつつ(なぜなら仕事が立て込み朝も夜も通勤時間は寝てました。2018年8月に読んだ本か。時が経つのは早い。。。)、ザクッと読んだ感想


家庭用エネファーム、経産省の目標値あれど、国内メーカー以外に競合がないと太陽電池のような価格低下は起きなさそう。

家庭用、商用共に発電と熱利用が効率アップのキーワード。裏を返せば、単体で存在するのは意味がない。温水プール、商業施設の冷暖房、農業ハウスなどとの組合せ。

燃料電池車の普及は遅そう。触媒にプラチナを使っている間は物理的に供給できない。非プラチナ系の触媒開発に期待。
と、なると産業ベースの発電事業?発電コストは?熱利用しないと厳しいか?と、なると熱利用をどのように行うか、、、

メガワットクラスがないと火力発電所の代替にはならない。蓄電池は充放電と両方あるため系統安定に貢献できるが、燃料電池だと発電しかできない。水素発生装置が別途必要。

水素の価格はいくらなんだろうか?2017~18年で、水素スタンドで、1000円/kg以下、ニュース記事より。製造コスト100円/kg切るくらいでないと、将来的には厳しそうね。

水素は現在、年間で200トン程度しか利用されていないが、政府はFCVの普及で20年には4000トンまで増えると見込む。価格は30年には現在の3分の1程度まで下がるとみられ、発電にも使いやすくなれば30年には利用量が30万トン程度まで増える見通し。水素の普及・活用を通じて、エネルギー自給率の向上や成長産業の育成を目指す。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

-読書

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

感想 AI VS. 教科書が読めない子どもたち

国立情報学研究所教授、同社会共有知研究センター長である新井紀子さんの著書。数学者という観点で、AI 技術開発にも携わっている。本書の前半ではAI の定義、開発の歴史、限界について。後半は、AI が苦手 …

no image

感想 子育てハッピーアドバイス 3

かわいいイラストのマンガ付きでサクサク読める。にもかかわらず、重要な事が書かれていて、分かりやすい。 1、2と比較すると本書では、子供の対象年齢を思春期まで広げている。本の半分近くを読者からの質問に答 …

no image

感想 子どもの身体力の基本は遊びです

数ページで区切られており、文字の間隔もかなりあってサクサク読める。よい点として、なぜ子どもの外遊びが減ったかということについての時代背景が説明されている。 道路の舗装が進み、土の場所が減った。 空き地 …

no image

感想 ウチの男子とパパの「??」がスッキリする本

副題に、我が家の男たちにお困りママへの処方箋、とある本書(笑)こっちの本(2016年)だと大阪教育大学教育学部の准教授になってますね。 怪獣ムスコの理解不能シーン40、残念パパのガッカリシーン20で構 …

no image

感想 わが家の子育てパパしだい!10歳までのかかわり方

元保育士の小崎泰弘(こざきやすひろ)さんの本。兵庫県西宮市の初の男性保母として、1991年に採用された方だそうな。NHK の「すくすく子育て」にも出演、神戸常盤大学短期大学准教授、NPO ファザーリン …